防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

34年ぶり 東北に医学部新設 安倍首相検討を指示

 安倍晋三首相は、下村博文文部科学相に対し、東北地方に医学部新設を検討するよう指示したと、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、今後の進め方について、「文部科学省が関係省庁と連携しながら適切に対処していくと考える」と述べている。

 

 東北地方への医学部新設については、4日午後に村井嘉浩宮城県知事が首相官邸を訪問し、安倍首相に対し、東日本大震災の被災地で医師が不足している現状を説明し、要請している。

 

 また下村文科相は8日の閣議後の記者会見で、「(医学部を)作るとしても1カ所。設置主体や場所、付属病院の体制など関係自治体が一つにまとまることが必要」などと述べている。

 

 医学部の新設については、供給過剰により医師の質を低下させない、などの理由から1979年の琉球大学を最後に過去34年間新設を認めていない。

 

 文科省が2003年に出した告示では、大学の認可基準として、「医師の養成に係る大学等の設置でないこと」と明記しており、事実上すべての医学部の新設が制限されている。

 あなたにオススメの記事

メニュー