防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

女子高生ストーカー殺人 警察の対応「徹底した検証が必要」官房長官

 東京三鷹市で女子高生が殺害された事件で、事件の4日前に被害者の女子高生が警察に相談していたにも関わらず事件を防止できなかったことについて、菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で、警察の対応などについて「徹底した検証が必要だと考えている」との考えを示した。

 

 同会見で菅官房長官は、「なぜ事前に警察に相談した中で、尊い命を救えなかったのか?また同種の事案をどのようにして防止していくかといった観点に立って、真摯に、また謙虚に、徹底した検証が必要だと考えている」と述べた。

 

 また今回の事件は「改正ストーカー規制法」が施行されて5日後に発生していることについて、「法改正により、これまで対応が困難だった部分について、対応できるようになったにも関わらず、このような結果になったことを踏まえて、国家公安委員会、警視庁に一層的確な対処を推進し、被害者の確保ができるように求めていきたい」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー