防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

ロールキャベツに遺伝子組換えパパイヤ プリマハムが自主回収

商品の見本は同社のサイトに掲載されている/プリマハムHPより引用

 食品メーカーのプリマハムは10日、同社が販売しているロールキャベツの一部に、遺伝子組み換えパパイヤが使用されていたとして、同商品を自主回収すると発表した。

 

 同社によると、タイから輸入している「ロールキャベツ」を自社で検査したところ、ロールキャベツを巻く帯に使われていたパパイヤの一部が安全検査の済んでいない遺伝子組み換えパパイヤであったことが判明。

 

 現在のところ、このロールキャベツがもとでの健康被害の報告は確認していないとのことだが、万全を期すために販売を停止し、自主回収を行うという。

 

 回収の対象となったのは、プリマハムの「ロ-ルキャベツ300g包装6個入(賞味期限2013年11月13日以前) 」、「ミニロ-ルキャベツ240g包装12個入(賞味期限2014年8月9日以前)」 、「ミニロ-ルキャベツ300g包装15個入(賞味期限2014年2月5日以前)」と、この他に「トレーパック等販売用ロールキャベツ(賞味期限2014年10月9日以前)」が16品目。

 

 いずれも原材料名に「帯状パパイヤ」または「パパイヤかんぴょう」と表記されていて、原産国名がタイになっているものが対象で、同社では商品を料金着払いで送付次第、返金処理に応ずるという。

 

 商品の送付先ならびに問い合わせの連絡先は下記の通り。


〒140-8529 東京都品川区東品川4丁目12番2号
プリマハム株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル 0120-486-086
受付時間 月~土曜日 午前9時から午後5時(日・祝日を除く)

 あなたにオススメの記事

メニュー