防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

TPP 秘密保護法 あす15日臨時国会招集

 先の参院選で安定多数を確保、「国会のねじれ現象」を解消した安倍政権が「成長戦略実行国会」と位置づける秋の臨時国会が、あす15日に招集される。

 

 この臨時国会招集を前に、自民党の石破茂幹事長は13日夜のBS-TBSの番組で、国家機密を漏えいした公務員への罰則強化などを盛り込んだ特定秘密保護法案について、「来年の通常国会に送る必然性があるとは思わない」などと述べ、国家安全保障会議創設関連法案(日本版NSC創設関連法案)と抱き合わせで、秋の臨時国会での成立を目指す考えを明らかにした。

 

 また、自民党の佐藤勉国会対策委員長は13日朝のNHKの番組で、野党が求めている環太平洋経済連携協定(TPP)に関する特別委員会の設置について、TPP関連の情報開示が難しい現状で、臨時国会における同特別委員会の設置は難しいとの認識を示す一方で、「将来的には議論できる場を設けたい」と述べ、来年1月に招集される通常国会以降での設置には前向きな姿勢を示している。

 あなたにオススメの記事

メニュー