防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

「福島第一原発」80キロ圏内で放射線量33%減少

 原子力規制委員会は16日、福島第一原発80キロ圏内の放射線量について、2011年と2012年のデータを比較したところ、33%の減少が見られたと発表した。

 これは、以前に福島県で行われた放射線量の1次調査(2011年6月~7月)と、3次調査(2012年8月~9月)で共通する741か所を比較してわかった数値。さらに45か所の地域では、55%以上の減少が確認され、うち22か所では放射性物質の除染が、17か所で土地の整地や砂利敷きなどが行われていた。

 あなたにオススメの記事

メニュー