防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

日韓冷え込む中 韓国高校生訪日研修団が来日

 嫌日・嫌韓と日韓関係が冷え込む中、JENESYS2.0の一環として17日、韓国の高校生訪日研修団(約50人)が来日、1週間の日程で、都内や長野県を訪れる。

 

 「JENESYS2.0」は今年1月に安倍晋三首相が、3万人規模でアジア大洋州諸国間で青少年交流事業を行なうと発表したもので、日本の強みや魅力など日本ブランド、日本的な価値への国際理解を増進させることを目指している。

 

 今日、羽田空港に到着した韓国の高校生たちは23日までの日程で、浅草見学、能楽や草木染めの文化体験やホームステイ、長野県での高校訪問などを行なう。

 

 韓国メディアが報じたところによれば、先月末に韓国で行なった世論調査では、周辺国の指導者の中で、安倍首相が「好感が持てない 89%」と、北朝鮮の金正恩第一書記を抜いて、ダントツのワースト1になるほどの嫌日ムード。

 

 外務省では、今回の訪日研修団について、「韓国の高校生が、日本の地方の強みや魅力を含め、一人一人が日本の魅力の積極的な発信者となることが期待される」としている。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー