防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一 過去最高の79万ベクレルのトリチウム検出

   福島第一原発の地上タンクから300トンの汚染水が漏れた問題で、東京電力は18日、近くの観測用井戸からこれまでで最高の1リットルあたり79万ベクレルのトリチウムが検出されたと発表した。


   高濃度のトリチウムを検出したのは、「E-1」と呼ばれる観測用井戸で17日に採取した地下水。前日16日は1リットルあたり23万ベクレルで、1日で3.4倍に急上昇している。国が定めるトリチウムの海への放出基準は同6万ベクレル。


   この地下水からは、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質も40万ベクレル検出されていて、過去最高の濃度となっている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー