防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

「あまちゃん」が賞を総なめ 東京ドラマアワード2013

 NHKや民放各社などで共催される「東京ドラマアワード2013」が22日に開催され、連続ドラマ部門の作品賞グランプリにNHKの朝ドラ「あまちゃん」が輝いたほか、主演女優賞に能年玲奈さん、助演女優賞に小泉今日子さんが選ばれるなど、各賞であまちゃん旋風が吹く結果となった。

 

 商業性を重視し、海外にも発信できるドラマという基準で審査される東京ドラマアワードは2008年に創設され、今回は、昨年7月から今年6月までに放送された番組から作品を選考。

 

 その結果、「あまちゃん」が作品賞でグランプリに輝いたほか、主演女優賞に能年玲奈さん、助演女優賞に小泉今日子さんだけでなく、脚本賞に宮藤官九郎さん、演出賞に井上剛さん、プロデュース賞に訓覇圭さん、特別賞に音楽担当の大友良英さんが選ばれるなど、主演・助演男優賞を除く主要部門での賞を総なめにした。

 

「あまちゃん」は、東日本大震災の被災地となった岩手県久慈市を舞台にしたドラマで、放送開始から右肩上がりで人気は上昇。9月28日の最終回では関東地区で視聴率23.5%(関西で21.1%)を記録し、番組終了と共にファンたちの心に穴が開くという「あまロス症候群」なる現象まで巻き起こした。

 

 なお、前回の東京ドラマアワード2012の連続ドラマ部門では、松嶋菜々子さんが主役を演じた「家政婦のミタ」がグランプリに輝いている。

 あなたにオススメの記事

メニュー