防災と災害情報のニュースメディア
  • IT

「自衛隊は人殺し」山本太郎氏の伊豆大島での発言に批判殺到だが

山本太郎参院議員(山本氏公式twitterアカウントより引用)

 歯に衣着せぬ論調の山本太郎参院議員だが、台風26号による被害を受けた伊豆大島での発言に批判が殺到して、同氏の事務所は釈明に追われているようだ。

 

 山本氏はツイキャス(ツイートキャスティング)で、自らの政治活動を生中継しているが、この一部がニコニコ動画などに転載されて批判が殺到。

 

 山本氏と同行したカメラマンの会話なのだが、意地悪に抜粋すれば以下のとおり。

 

山本氏「土砂とか運んでる若い自衛隊員とか見てるとさ、この人たちが戦場に行かされる日が来るのかと思うと怖なるよな

 

カメラマン「人を殺したいっていって自衛隊に入る人っているんですかね?

 

 これに対して、「物見遊山の連中が、必死に捜索活動している自衛隊を人殺し扱いか」、「人を殺したい自衛隊員なんかいるか」などの批判が……。

 

 この炎上ぶりに、山本氏の公式ホームページでは、このツイキャス全編を掲載して「真意」を説明している。

 

 それを見ると、この部分の会話の概要はこうだ。

 

 

(カメラ) ボランティアも自衛隊も消防も仕事してるのに、マスコミは何をしてるんだろう?

 

(山本氏) ネタ集めが商売だからな。

 

(山本氏) 自衛隊には若い人も多かったから、この人たちが戦場に行かされる日が来るかと思うと怖くなる。

 

(カメラ) すごい使命感持ってやってるんでしょうね。人を救うという意味で。

 

(山本氏) 自衛官も消防も警察もそういう気持ちでやってるんだろう。

 

(カメラ) 人を殺したいって自衛隊に入る人っているんですかね?

 

(山本氏) いや〜適性でそういう人は落とされるんじゃない。

 

 

 確かに、伊豆大島で捜索活動に携わる自衛隊に好意的でこそあれ、「批判」とは到底思えないが、日ごろの山本氏の言動に反感を持つ人もネット上に多かったのか。

 

 これ以外にも山本氏の伊豆大島での行動について、「モンスターボランティア議員」と批判する記事などもあり、同氏の事務所では、「今後は、より発言・言動に気をつけ日頃の活動業務に邁進していきたい」としている。

 

 発言は慎重にすべきはもちろんだが、一方で「奥歯にモノのはさまった口ぶり」の山本議員では、支持者には魅力半減だろうが……。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー