防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

台湾大手銀行が東京スター銀行を買収

 東京スター銀行の主要株主である米投資ファンドのシャイニング・スターとアライド・ホールディングスは31日、両社が保有する東京スター銀行の株式(発行済み株式総数の98.16%)を台湾の大手銀行「中国信託商業銀行」に売却すると発表した。

 

 この買収に関しては、日本の金融庁と台湾の金融当局の認可を受け、中国信託商業銀行の親会社の臨時株主総会における承認を受けることが条件とのことで、来年3月末までに買収が完了する見通し。

 

 日本国内の銀行が海外の銀行により買収されるのは初めてのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー