防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

福島南相馬市など東北・関東4カ所の都市圏に新たな活断層

 国土地理院は31日、福島県・南相馬市など東北・関東地方の都市圏4カ所で、新たな活断層を確認したと発表した。

 

 新たに確認された活断層は、以下のとおり。

 

 

(1)秋田県田沢湖近くの仙北市から大仙市に伸びる白岩断層のうち、玉川以北の約2キロの区間

 

(2)秋田県湯沢市の東鳥海山断層で、これまで活断層とされてきた断層帯の北側と南側を延長

 

(3)宮城県亘理町から福島県南相馬市にかけ南北に伸びる双葉断層帯の南端部分、南相馬市内初野町から金谷にかけての約13キロの区間

 

(4)群馬県高崎市の深谷断層の北側、高崎市岩城から菖蒲沢までの2.5キロの区間

 

 

 これらの新たな活断層は1日から国土地理院の都市圏活断層図に掲載される。

 あなたにオススメの記事

メニュー