防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

安倍首相1000人規模の自衛隊員フィリピン派遣を決定

小牧基地を出発する航空自衛隊KC767輸送機(首相官邸facebookページより引用)

 安倍晋三首相は13日、台風30号により甚大な被害を受けたフィリピンに対し、過去最大の1000人規模の自衛隊員を派遣することを決定し、首相官邸のfacebookページに記事を掲載した。

 

 

「過去最大、1,000人規模の自衛隊員をフィリピンに派遣することに決めました。
甚大な台風被害からフィリピンの人々を救うため、矢継ぎ早に支援を行っています。
医療チームは昨日から現地で活動を開始。昨晩には、自衛隊の救援部隊も現地入り。今日は、自衛隊機で医療器材も現地に到着します。
大災害の被害の苦しみは、他人事ではありません。」

 

 

 日本政府は、12日に約50人規模の自衛隊員の国際緊急援助隊としての派遣を決めており、追加の増員については、フィリピン政府からの要請に応じて調整するとしていた。

 あなたにオススメの記事

メニュー