防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

安倍首相「依存心や甘えは捨て去るべき」集団的自衛権

安保法制懇であいさつする安倍晋三首相(13日 出典:首相官邸HP)

 政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」が13日首相官邸で開かれ、冒頭あいさつに立った安倍晋三首相は、「地域や国際社会の平和と安全の維持・回復を他国任せにして、自分のことさえしておけばよいというような依存心や甘えは捨て去る必要がある」と述べ、集団的自衛権に関する憲法解釈のあり方について議論を進めるよう檄を飛ばした。

 

 このあいさつの中で、安倍首相は「集団的自衛権」について、国連憲章上、日本も含めたすべての国連加盟国が個別的・集団的自衛権を固有の権利として有している旨が規定されているとした上で、テロやサイバー攻撃など国境を越える新たな脅威が増大しており、こうした脅威に各国と協調して対応できるよう、法的基盤を含め万全な体制を築く必要がある、などと述べている。

 あなたにオススメの記事

メニュー