防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

まだ30代なのに…ご主人の枕の脂っぽい臭い 原因を特定

「男性の体臭に関する意識調査」では、約半数の人が、「加齢臭」の原因「2-ノネナール」が増加する50歳代より前の30〜40歳代で体臭の変化を感じているとのこと

 「加齢臭が気になる」というのは、主に50歳代以上の悩み。

 

 だが、「主人(彼氏)はまだ30歳代なのに枕の脂っぽい臭いが気になる…」なんてことは?

 

 マンダム(大阪府大阪市)は18日、30〜40歳代の「ミドル男性」に感じる「加齢臭」とは異なる「脂っぽい臭い」の原因が「ジアセチル」という物質であることを突き止めたと発表した。

 

 この「ジアセチル」は、表皮ブドウ球菌などの皮膚常在菌が、汗に含まれる乳酸を代謝する(取り込む)ことによって発生しており、特に頭部が「臭い」の発生源。

 

 同社では、この臭いを「ミドル脂臭」と命名しているが、調査によればミドル脂臭は、20歳代から40歳代までは年齢とともに増加する傾向があるとのこと。

 

 さらに同社では、フラボノイド含有植物エキスが、ジアセチルを作る代謝経路を阻害することによって、ミドル脂臭を抑制する効果があることが分かったとして、来年2月下旬から、このミドル脂臭を抑えるシャンプーなどの新たな「デオドラント製品」ラインナップを発売することにしている。

ルシード デオドラントシリーズ

マンダムが来年2月24日に新発売する「ミドル脂臭」に着目した新製品ラインナップ「ルシード デオドラントシリーズ」

 あなたにオススメの記事

メニュー