防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

リンカーン演説150周年でオバマ大統領も直筆エッセイ書き下ろし

オバマ大統領が書き下ろした直筆エッセイ(ホワイトハウスHPより引用)

 「goverment of the people,by the people,for the people(人民の、人民による、人民のための政治)

 

 リンカーン大統領が南北戦争の激戦地ゲティスバーグで、あの有名な演説をしてから11月19日で150周年を迎えた米国では、この演説を記念したさまざまなイベントが行なわれたが、オバマ大統領は、直筆書き下ろしエッセイを発表した。

 

 リンカーン大統領直筆のゲティスバーグ演説の草稿は、今もホワイトハウス内のリンカーン大統領の寝室に展示されており、オバマ大統領のエッセイもこれにちなんだもの。

 

 大統領書き下ろし直筆エッセイの一部は以下のとおり。

 

 

「夜、ミシェルや娘たちが寝静まったころ、私は時々、ホールへ降り、アブラハム・リンカーンが かつて執務室として使っていた部屋へと向かう。

 

 そこにはリンカーンが自らの手で書いた、ゲティスバーグ演説のオリジナル・コピーが残されている。……

 

    (中 略)

 

……冷戦や世界大戦の時も、産業革命や技術変革の時も、市民権や女性の権利や労働者の権利、そしてゲイの権利のための運動の時も、いつの時代にあっても、社会と経済の変革は、我々の「きずな」を傷つけようとした。

 

 しかし、リンカーンの言葉は我々に「確信」を与えてくれる。

 

 我々が育ててきた『この国家と自由』は、どんな試練が我々を待ち受けていようとも、それに打ち勝つことができると。」

 

 

 オバマ大統領の「エッセイスト」としての才能を確認したい方は、ホワイトハウスのホームページで全文を。

 

 今回はオバマ大統領だけでなく、クリントン、カーター、ブッシュ元大統領のほか、サンドラ・デイ・オコナー元最高裁判事やコリン・パウエル元国務長官らもエッセイ書き下ろしに参加している。

リンカーン大統領のゲティスバーグ演説直筆草稿のオリジナル・コピー

リンカーン大統領のゲティスバーグ演説直筆草稿のオリジナル・コピー(ホワイトハウスHPより引用)

 あなたにオススメの記事

メニュー