防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

小笠原・西之島沖の新島 長さ400メートルに面積拡大

11月21日午後2時すぎに撮影した西之島沖の噴火活動(提供: 海上保安庁)

 小笠原諸島・西之島沖の海底火山の噴火により出現した陸地(新島)は、20日時点では直径約200メートルの広さだったが、海上保安庁の観測によれば、21日には約400メートル×約200メートルの楕円形に面積を拡大している。

 

 また噴火活動は依然活発で、噴煙は上空約900メートルの高さになっているとのこと。

 

 20日の段階で海上保安庁は、この新島を中心に直径約1キロの茶色の変色水域を、さらにその周りには緑色で幅約2キロ〜3キロ、長さ10キロの扇形の変色水域を確認しており、気象庁では周辺海域に、「火山現象に関する海上警報」を発表して、航行する船舶に注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー