防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

トキ7羽を中国へ返還 環境省

今回返還されるメスのトキ(2013年生まれの1才)/環境省HPより

 環境省は22日、日中政府の合意で中国に返還されることになっている7羽のトキについて、今月27日に新潟空港より上海へ向けて出発すると発表した。

 

 今回、返還されるトキは、美美(メイメイ・メスの14才)、華陽(ホワヤン・オスの10才)、溢水(イーシュイ・メスの10才)の3羽から生まれた個体で、日本の環境省と中国の国家林業局との取り決めで7羽が対象となっていた。

 

 内訳は、2012年生まれの1才が3羽(オス1、メス2)と、2013年生まれのメス4羽で、その7羽に対しては、現在、佐渡トキ保護センターにて鳥インフルエンザなど感染症の検査が行われている。

 

 これまで中国へのトキ返還については、2002年に第1回目が行われており、それ以来、5回にわたって合計36羽を返還。前回は2012年12月10日に実施されており、そのときは8羽が送られていた。

 あなたにオススメの記事

メニュー