防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

ヤフーなど「第二回ソーシャル防災訓練」を2月6日に開催

 ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルの4社は、2月6日に渋谷区と都が主催する「渋谷駅周辺帰宅困難者対策訓練」内で、ソーシャルメディアを使った防災訓練を行なう。

 

 訓練は首都直下型地震を想定しており、ヤフーの「防災速報」やTwitterなどを駆使して指定場所へと避難する。また直接参加していなくとも参加者にRT(リツイート)することでネット上からの間接的な参加もできる。
 他にも大規模災害でインターネットにつながりにくいことを想定して、当日はJ-WAVEがミニFM局を設置して訓練に関する情報をラジオで提供する予定。

 

 なお参加にはTwitterアカウントと、ヤフーのアプリ「防災速報」が必須で、公式サイトで事前登録をしておく必要がある。

 あなたにオススメの記事

メニュー