防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

特定秘密保護法案 与党強行採決含みで協議続く

 12月6日の臨時国会会期末を見据えて、特定秘密保護法案の衆院採決日程をめぐる与野党の攻防は26日も続いている。

 

 与党側は26日中に、衆院国家安全保障特別委員会と本会議で採決を強行する方針で、自民・公明・日本維新の会・みんなの党の4党が合意した修正法案が今日中に衆院を通過すると見られる。

 

 日本維新の会は、修正案に賛成する一方で、秘密指定について検証する「第三者機関の設置」に関し、安倍晋三首相が答弁でどこまで明言するのかを見たいとして、26日中の採決に反対しており、維新への対応が与野党協議の焦点となっていた。

 

 しかし与党側は25日までに、仮に維新が賛成しない場合でも、与党とみんなの党は採決を強行する方針を固めた模様で、特別委で採決した後は、今日午後に本会議に同法案を緊急上程し、衆院を通過させる見通し。

 あなたにオススメの記事

メニュー