防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北陸から東北の日本海側 夕方から暴風・高波に警戒

 気象庁によると、今日(27日)夕方からあす(28日)昼過ぎにかけて北陸から東北地方の日本海側では沿岸を中心に非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込みで、暴風や高波に警戒が必要。

 

 日本海の前線をともなった低気圧は、発達しながら27日夜には北日本に進み、気圧の傾きが大きくなる見込みで、北陸から東北地方の日本海側では、27日夕方から28日昼過ぎにかけて沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、海上は大しけになるおそれがある。

 

 また北海道地方では27日昼過ぎにかけて暴風や大しけが続く見込み。

 

 あす(28日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下のとおり。

 

北海道地方 陸上20メートル(35メートル)、海上22メートル(35メートル)

東北地方  陸上17メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)

北陸地方  陸上20メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)

 

 あす(28日)にかけて予想される波の高さは、北海道地方、東北地方、北陸地方とも6メートル。

 

 気象庁では、27日から28日にかけて、東北日本海側や北陸地方では大気の状態が非
常に不安定になる見込みで、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー