防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

堤清二さん死去 セゾングループ元代表にして作家「辻井喬」

 流通大手だった旧セゾングループを築き、また「辻井喬(つじいたかし)」のペンネームで、作家としても活躍した堤清二氏が25日、肝不全のため都内の病院で死去した。86歳だった。

 

 堤清二氏は1927年(昭和2年)に、西武グループの創業者 堤康次郎氏の次男として生まれ、東京大学経済学部に入学。

 

 一時は左翼運動に傾倒したが、その後、父康次郎氏の秘書などを経て、1964年康次郎氏の死後、西武グループの流通部門を引き継ぎ、セゾングループを独立させた。

 

 セゾングループは、西武百貨店、西友、パルコといったデパート・スーパーだけでなく、外食(吉野家など)・ホテル(インターコンチネンタルホテル)・金融(クレディセゾン)など幅広い業種に展開。

 

 さらに「脱大衆文化」を標榜し、「無印良品」やDC(デザイナーズ)ブランドの浸透に注力し、はては「セゾン美術館」などの文化事業まで手がけた。

 

 しかし、融資により事業を急成長させていたセゾングループは、バブル崩壊とともに、経営は破綻、堤清二氏も代表の座を退いた。

 

 こうしたビジネスマンとしての華やかな活躍の一方で、堤清二氏は「辻井喬」という作家としてのもう一つの顔を持ち、小説「いつもと同じ春」で平林たい子賞を、「父の肖像」で野間文芸賞などを受賞している。

 

 葬儀は近親者によって営まれたとのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー