防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

東北に1校のみ医学部認可 2015年4月にも開学

 文部科学省は29日、東北地方に1校のみとの限定付きで、40年ぶりに医学部を認可する基本方針を発表した。これにより早ければ2015年4月にも新しい医学部のスタートとなる。

 

 文科省は、新たな医学部の認可について、震災からの復興、東北地方の医師不足、原子力事故からの再生といった要請を踏まえた特例措置として、医学部設置を希望する学校法人・地方公共団体などから、医学部新設構想を受け付ける。

 

 ただし、認可の条件として、震災後の地域医療ニーズに対応した教育を行なうこと、教員や医師・看護師の引き抜きなどで地域医療に支障をきたさない方策を講じること、卒業生が東北地方に残り地域の医師不足解消に寄与する方策を講じること、将来の医師需給などに対応して定員を調整する仕組みを講じることをあげている。

 

 来年5月に新設構想の受け付けを締め切り、6月に新たな医学部を設置する1校を選定、早ければ2015年4月にも開学が可能になる。

 あなたにオススメの記事

メニュー