防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

韓国が防空識別圏拡大 日中韓の新たな火種に?

   韓国国防省は8日、検討していた防空識別圏の南方への拡大を正式に発表した。中国との間で管轄権を争う暗礁、離於島(イオド、中国名・蘇岩礁)上空も含んでおり、15日から発効する。


   中国が韓国と一部が重なる形で防空識別圏を設定したことを受けた措置。拡大した範囲は、国際民間航空機関が定めた韓国の仁川飛行情報区にほぼ一致しており、韓国は「民間航空機の運航は制限されない」としている。


   ただ、これで東シナ海の離於島周辺空域は日中韓で防空識別圏が一部重なり合う形となり、3ヶ国の新たな対立の火種となることが懸念される。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー