防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

宇宙ステーション 冷却装置故障「きぼう」実験棟など給電停止

「国際宇宙ステーション(ISS)」(出典: NASA)

 米航空宇宙局(NASA)は11日、若田光一さんらが乗り組んでいる国際宇宙ステーション(ISS)の冷却装置が故障し、日本実験棟「きぼう」などいくつかの施設で電源供給を停止していると発表した。乗組員やISS自体への危険はないとしている。

 

 同発表によると、11日早朝に2つあるISSの外部冷却装置のポンプモジュールが設定温度を超過したため自動的に停止したとのこと。

 

 この冷却装置は配管内にアンモニアを循環させ、内部・外部の機器を冷却させるもので、フライト・コントロールチームが冗長系(バックアップ系)を作動させているが、同チームでは故障の原因について、ポンプ装置内部の流量コントロールバルブが正常に作動していないためと見ている。

 

 この故障によって乗組員やISS自体への危険はないが、現在ISSでは、日本実験棟「きぼう」、結合モジュール「ハーモニー」、欧州宇宙機関(ESA)の実験棟「コロンバス」への電源供給を停止している。

 あなたにオススメの記事

メニュー