防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

北朝鮮 ナンバー2処刑「拉致問題への影響は不明」官房長官

 北朝鮮の実質的ナンバー2だった張成沢国防副委員長が処刑されたことについて、菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、同氏の処刑が拉致問題などに与える影響について「そこは正直言ってまだ分からない」との認識を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「わが国としてはこうした北朝鮮内部の動向について関係国と密接に連携をとりながら、冷静に情勢を注視をし、引き続き情報収集に努めているところ」と現状の対応を説明。

 

 さらに、「政府としては(張成沢氏が)失脚をするという時にすでに内部で会合を開いており、そういうことも含めて実は政府内では情勢をしっかりと認識している」と従前から情報収集・分析活動を行なってきたことを強調した。

 

 また、記者から今回の処刑が拉致問題などへ与える影響について質問されたのに対しては、「そこは正直言ってまだ分からない。今、北朝鮮内部でどのような抗争、権力構造になって、どうしていくか、そういうことについては情報収集をしてる」と答えている。

 あなたにオススメの記事

メニュー