防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

新型鳥インフルH10N8型 世界初のヒト感染例を中国で確認

 香港保健省は17日、中国の衛生当局から、中国江西省で、これまで人間への感染が確認されていなかった新型の鳥インフルエンザ『H10N8型』の初めての感染例が確認されたとの報告を受けたと発表した。

 

 この患者は、江西省に住む73歳の女性で、11月30日に入院、重い肺炎と診断され、12月6日に死亡しているが、慢性疾患から感染に対し抵抗力がない状態にあり、また家禽を扱う市場を訪れていたとのこと。

 

 中国衛生当局は世界保健機関(WHO)に報告するとともに、専門家からより詳細な情報を収集しているが、「(H10N8型の)少なくとも香港でのヒトへの感染例は、これまで確認されていない」と香港保健省に伝えている。

 

 ちなみに現在、中国で流行している新型鳥インフルエンザAは『H7N9型』。

 あなたにオススメの記事

メニュー