防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

猪瀬都知事辞任会見「政治を知らないアマチュアで傲慢だった」

辞任記者会見に臨む猪瀬直樹都知事(東京都庁HPから引用)

 猪瀬直樹東京都知事は19日午前、吉野利明都議会議長に辞職願を提出するとともに、記者会見を開き、「政治のことをよく知らないアマチュアだった。当時やや傲慢になっていたんだなと反省している」などと辞任の弁を述べた。

 

 同会見で猪瀬知事は辞任を決断したきっかけとして、一昨日に石原慎太郎前都知事や川淵三郎Jリーグ初代チェアマンと会談したことをあげた。

 

 この会談で石原前都知事からは、「ここで辞職しようじゃないか?」と諭されたたこと、川淵元チェアマンからは、「東京オリンピック・パラリンピックを絶対成功させたい。だから猪瀬さん、ここはいったん打ち切ろう」と呼びかけられたと説明。

 

 さらに、徳州会から5000万円を受け取った問題については、「お借りすべきではなかった。政治のことをよく知らないアマチュアだったな、そういう『政務的なもの』にうとく、当時やや傲慢になっていたんだな、と反省している」と反省の弁を述べた。

 

 また後任の都知事については、2020年東京オリンピック・パラリンピックを成功させ、東京をスポーツとアートにあふれる町にしてくれる「スポーツに明るい人」が望ましいなどとしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー