防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

中国・広東省で鳥インフル(H7N9型)新たな感染例2人

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの電子顕微鏡写真(提供: 国立感染症研究所)

 中国・広東省衛生庁は同省から15、16両日に1人づつ、計2人の新型鳥インフルエンザA(H7N9型)の感染例が確認されたと発表した。

 

 15日に感染が確認されたのは、同省東莞市に住む39歳の男性で、16日に確認されたのは同省陽江市に住む65歳の女性。

 

 2人とも現在危篤状態とのこと。

 

 これで新型鳥インフルエンザA(H7N9型)の感染例は、今年3月末以降、合計147人となった。

 

 広東省では10月以降に感染した患者が、これで4人目で、同省衛生庁は18日から各地域に対策チームを派遣して対応に当たっている。

 

 また日本の外務省も海外安全ホームページに18日付けで、「鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例発生(その7)」とのスポット情報を掲載して、注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー