防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

日本海側・東北で暴風雪 西日本山沿いでは大雪に警戒

 気象庁は、日本海で低気圧が急速に発達することなどから、今日(20日)は、西日本の日本海側と北陸地方、東北太平洋側で、暴風雪や暴風に警戒を呼びかけるとともに、西日本の山沿いを中心に大雪となるところがあるとして、交通の障害などにも注意を促している。

 

 気象庁によると日本海中部には発達中の低気圧があり、北へ進んでいる。また、関東の南東海上にも別の低気圧があって東北東に進んでいる。

 

 今日(20日)は西日本から東日本の上空約5000メートルに氷点下30℃以下の寒気が流れ込むため、日本海の低気圧は急速に発達するものと見られ、あす(21日)にかけては、上空に寒気をともなった気圧の谷が本州付近から日本の東に進み、三陸沖で低気圧が急速に発達する見込み。

 

 このため、今日(20日)は、西日本から東北太平洋側にかけての広い範囲で、海上や海岸を中心に非常に強い風が吹き、雪をともなうところがある見込みで、海はあす(21日)にかけて大しけとなると見られる。

 

 あす(21日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、以下のとおり。

 

【中国地方・近畿地方・北陸地方】

陸上20メートル(35メートル)、海上25メートル(35メートル)

 

【東北太平洋側】

陸上17メートル(30メートル)、海上23メートル(35メートル)

 

【九州北部地方】

陸上18メートル(30メートル)、海上22メートル(35メートル)

 

 またあす(21日)にかけて、西日本では山沿いを中心に断続的に雪が降り、大雪となるところがある見込み。

 

 あす(21日)までに予想される24時間降雪量は、多いところで、中国地方が60センチ、近畿地方が30センチ、四国地方が15センチ、九州北部地方が10センチとなっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー