防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

首相靖国参拝談話「中国や韓国を傷つけるつもりはない」

 安倍晋三首相は政権発足から1年目となる26日午前に、靖国神社を参拝するとともに、「中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くない」などとした首相談話を発表した。

 

 「安倍内閣総理大臣の談話〜恒久平和への誓い〜」と題するこの談話では、「日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました」と不戦の誓いを立てたことを強調。

 

 さらに、「アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました」と国際協調路線についても言及。

 

 最後に、「中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています」とも述べているが、中国・韓国からの反発は必至と見られる。

 あなたにオススメの記事

メニュー