防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

29日にかけて北日本で猛吹雪 日本海側では大雪に警戒

 気象庁によると、あす(29日)にかけて北日本では雪を伴った非常に強い風が吹き、また日本海側では大雪となるため、暴風や猛吹雪による交通障害などに注意を呼びかけている。

 

 現在、千島近海では発達中の低気圧が北東へ進んでおり、日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。

 

 このため北日本では今日(28日)昼前にかけて雪を伴った非常に強い風が吹き、あす(29日)にかけて海上は大しけとなる見込みで、28日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下のとおり。

 

【北海道地方】
陸上20メートル(35メートル) 海上25メートル(35メートル)

 

【東北地方】
陸上13メートル(25メートル) 海上18メートル(30メートル)

 

 また、28日に予想される波の高さは北海道地方で8メートル、東北日本海側で5メートルとなっている。

 

 さらに、あす(29日)にかけては、上空に強い寒気が流れこむため、西日本の平地でも雪となり、日本海側の地方や山沿いを中心に大雪となるところがある見込み。

 あす(29日)午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで、北陸地方で70センチ、東北・近畿地方で60センチ、北海道・東北・関東甲信地方で50センチ、中国地方で30センチ、九州北部地方(山口県を含む)で20センチとなっており、気象庁では大雪による交通障害などに注意を呼びかけている。


■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事

メニュー