防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

青森で積雪185センチ 日本海側で29日も大雪続く

   発達した低気圧の影響で、29日も日本列島は冬型の気圧配置となり、西日本から北日本の日本海側や山沿いを中心に大雪となるところがありそうだ。


   気象庁によると、オホーツク海にある低気圧が北に進んでおり、雪は29日も降り続く見込み。

 

   29日午前9時までに、秋田県湯沢市の湯の岱(ゆのたい)では12月では最も多い120センチの積雪を観測。青森市酸ヶ湯(すかゆ)で185センチ、山形県大蔵村肘折で153センチの雪が積もるなど、日本海側や山沿いの地域で大雪となっている。


   30日午前9時までに予想される積雪は、いずれも多いところで、北日本や北陸で40〜50センチ、東海や近畿で20〜30センチ、九州北部で10センチの予想。


   気象庁は引き続き大雪による交通機関の乱れや、雪崩などに注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー