防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

冷凍食品ピザなどから農薬検出 マルハニチロで自主回収

商品裏にこの記載があれば回収の対象となる/マルハニチロHPより引用

 食品大手のマルハニチロHDは29日、子会社の群馬工場で生産された冷凍食品のピザやコロッケなどから農薬が検出されたため、同工場生産の商品を全て自主回収すると発表した。

 

 マルハニチロによると、今年11月13日に冷凍食品のミックスピザを食した客から「石油・機械油のような臭いがする」との電話が入り、その後、チキンナゲットやコロッケも含めて同様の申し出が合計20件続いた。

 

 そこで分析機関へ食材の調査を依頼したところ、11件のサンプルのうち4件から殺虫剤の一種である農薬のマラチオンを検出。

 

 混入された原因や経路などは現在調査中とのことで、マルハニチロではただちに子会社「株式会社アクリフーズ 群馬工場」での生産を止め、同工場から出荷された商品については全て回収するとしている。

 

 問い合わせ先は、「アクリフーズお客様センター 0120-690149 (受付時間 午前9 時から午後5時まで)」まで。

 

 なお、農林水産消費安全技術センターによると、マラチオンは殺虫剤・殺ダニ剤などとして使われる農薬の一種で、毒性は低いとされている。

 あなたにオススメの記事

メニュー