防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

東証日経平均は9日続伸 大納会には安倍首相も出席

 1年を締めくくる30日の東京株式市場は1万6320.22円まで高値を更新し、前日比112.37円高となる1万6291.31円で一日の取引を終えた。これで日経平均株価は9日続伸となった。

 

 1ドル105円台と円相場が円安方向へ振れ、輸出株などへの買いが先行した30日の東京株式市場では、3日連続で日経平均株価が高値を更新し、一時1万6320.22円まで上昇。

 

 午後3時の取引終了時には前日比112.37円高の1万6291.31円となり、これで2012年12月28日の終値10395.18円から計算して日経平均株価は1年間で約56%の上昇となった。

 

 なお、東証で行われた大納会には安倍晋三首相も出席し、あらためて経済対策の効果を強調。日経平均株価を押し上げたアベノミクスへの自信を示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー