防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

インドネシア・スマトラ島のシナブン山で9回の噴火

 インドネシア国家防災庁(BNPB)によると、同国スマトラ島北部にあるシナブン山で30日夜から31日朝にかけて9回の噴火が発生した。

 

 シナブン山はスマトラ島北部にある標高2460mの活火山で2010年8月に噴火した後、2013年9月、11月にも立て続けに噴火。その活動がさらに活発化して30日夜から31日にかけて9回の噴火が発生し、噴煙の高さは上空7000メートルに達した。

 

 同庁によると、現在、半径5キロ以内は立入禁止の措置が取られ、近隣住民1万9126人が避難しており、地元の警察などでパトロールを続けているという。

 あなたにオススメの記事

メニュー