防災と災害情報のニュースメディア
  • 震災復興

津波で不通の岩手の路線を、JRが3月2日からBRTで再開

 JR東日本盛岡支社は、1月31日、大船渡線のうち津波被害で不通となっている区間について、3月2日からBRT(バス高速輸送システム、Bus Rapid Transit)で運行すると発表した。

 

 BRTとは、一般道と分離したバス専用道を使った新交通システム。震災後、不通となっているのは、盛駅(岩手県大船渡市)~気仙沼駅(宮城県気仙沼市)間の約44キロで、現在は従来の路線バスで振り替え運転を実施している。

 

 BRTの開始に合わせて、岩手県陸前高田市内に、長部駅と高田病院駅の2つの新駅を設置する。

 あなたにオススメの記事

メニュー