防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

2日も冬型の気圧配置続く 北海道は大雪に注意

   発達中の低気圧がオホーツク海を北東に進み、2日も北陸や北日本の日本海側を中心に荒れた天気が続いている。気象庁は昼前にかけて、大雪や吹雪による交通障害、高波に警戒を呼びかけている。


   気象庁によると、日本付近は2日も冬型の気圧配置が続いている。北陸や東北、北海道では昼前にかけて雪を伴った強い風が吹き、海は大しけになるところがある見込みだ。


   2日午前9時現在、青森市・酸ケ湯(すかゆ)で186センチ、北海道北部の朱鞠内(しゅまりない)で167センチ、山形県西川町大井沢で163センチなどの積雪を観測。秋田県・八森では1月としては最も強い21.2メートルの最大風速を記録した。


   北海道では上空約5000メートルに氷点下42℃の強い寒気が入り、3日午前6時までに多いところで50センチの降雪が予想されている。

 

■最新の気象情報は気象情報マップでごらんいただけます。

 あなたにオススメの記事

メニュー