防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一 タンク群の堰からまた50トン水漏れ

   東京電力は12日、福島第一原発の汚染水を保管する地上タンク群を囲む堰(せき)から雨水約50トンが漏れたと発表した。


   水漏れが見つかったのは、4号機南側にある「G4南」と呼ばれるタンクエリア。


   12日午前9時すぎ、パトロールをしていた作業員が堰の基礎部分の接ぎ目をふさぐ止水シールがはがれているのを発見。堰内の水位を調べたところ、前日の7センチから3センチに低下していた。


   堰内の水からは、放射性ストロンチウム90が1リットルあたり5.9ベクレル検出されたが、堰からの排出基準(同10ベクレル未満)は下回っている。放射性セシウムは検出限界値未満だった。


   東電は、漏れた量を約50トンと推定。タンク内の水位は下がっていないため、漏れたのは堰にたまった雨水とみている。漏れの原因とみられる接ぎ目は、同日中に樹脂でふさぐ補修作業を終えたという。


   タンク群の堰では、12月にも別のエリアで相次いで水漏れが見つかっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー