防災と災害情報のニュースメディア
  • 救助

宮城・大川小前の川をせき止め行方不明者捜索

 宮城県石巻市は5日、東日本大震災で児童・教職員80人が死亡した市立大川小学校前の富士川をせき止め、行方不明者の捜索を始めた。

 

 今回の捜索では、大川小前から上流約2キロまで富士川を土のうでせき止め、ポンプで水を抜いた上で、重機12台によって川底の泥をすくい上げる。

今のところ、行方不明者は発見されていないが、2キロ上流までを約1ヶ月かけて捜索する。

 

 大川地区では、東日本大震災で380人が死亡し、大川小の児童4人を含め38人が今もなお行方不明となっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー