防災と災害情報のニュースメディア
  • テクノロジー

南鳥島沖でレアメタルの独占探査権を獲得 JOGMEC

調査イメージと海底鉱区の掘削装置/JOGMEC HPより引用

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は27日、南鳥島の南東約600キロにある海底鉱物「コバルトリッチクラスト」を排他的に調査できる、15年間の独占探査権を取得したと発表した。同鉱物にはコバルトやニッケル、白金などのレアメタル資源が含まれており、JOGMECでは今後、埋蔵量調査と開発に取り組んでいく。

 

 JOGMECが取得した独占探査権は、公海域の深海底鉱物資源を管理する国際海底機構との間に結ばれたもので、南鳥島沖の南東約600キロに位置する、広さ3000平方キロメートルのコバルトリッチクラスト鉱区を調査できるというもの。

 

 コバルトリッチクラストには、コバルトやニッケル、白金などのレアメタル資源が多く含まれており、JOGMECでは今後の採掘のため、同鉱区から1000平方キロメートルを選定し、埋蔵量調査や環境保全にも配慮した技術開発などに取り組んでいく。

 

 経済産業省の委託を受けているJOGMECでは、1987年からコバルトリッチクラストの調査を進め、2012年7月に国際海底機構で探査規則が制定されると同時に探査鉱区の申請書を提出し、翌2013年7月には承認を得ていた。

 

 なお、日本でコバルトリッチクラストの探査契約が結ばれるのは、今回が初となる。

 あなたにオススメの記事

メニュー