防災と災害情報のニュースメディア
  • 震災復興

震災以来3年ぶり 三陸鉄道4月6日全線再開

三陸鉄道全線再開にともないお目見えする「新お座敷車両(36-Z1形)」(三陸鉄道HPより引用)

 東日本大震災で被害を受けた第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)は27日、震災以来約3年ぶり、4月6日に全線の運転を再開すると発表した。

 

 全線運転再開日は、4月5日(土)に南リアス線(吉浜 - 釜石駅間 15キロ)、4月6日(日)に北リアス線(小本 - 田野畑駅間 10.5キロ)となり、全線運転再開後は、南リアス線が1日上下各9本、北リアス線が同11本の運転本数となる。

 

 また、全線運転再開にともない、クウェートからの震災復興支援の一部を活用した新型車両3種類(「新お座敷車両」、「新レトロ車両」、「新一般型車両」)もお目見えする。

 

 全線運転再開当日は、4月5日に釜石駅前、6日に宮古駅前で運転再開記念式典が行なわれる予定で、限定各2000枚の、南リアス線全線運転再開記念1日フリー乗車券(1000円)、北リアス線全線運転再開記念1日フリー乗車券(1800円)なども発売される。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー