防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

防災歳時記2月3日 今年は東北東…「恵方巻」の起源とは?

   2月3日は節分の日。


   「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆をまく風習は、季節の変わり目に現れる邪鬼を追い払う宮中行事が由来とされる。そして、福豆と並んで今や「節分の食べ物」に定着した感のあるのが「恵方巻」だ。


   縁起のいい方角である「恵方」に向かい、無言で一本丸ごと食べる恵方巻の風習、元々は大阪を中心とした地域のローカルなものだということを知っている人は多いだろうが、実はその発祥は地元でもはっきりとしていない。


   そもそも「恵方巻」という名称自体、1998年にセブンイレブンが全国発売にあたって付けた商品名で、それ以前は大阪では「丸かぶり寿司」や単に「巻き寿司」などと呼ばれていた。

   その起源については、「巻く」ということから「福を巻き込む」と商売繁盛の意味を込めて大阪の商人たちが江戸時代の終わり頃に始めたという説もあれば、町人文化の中心地・船場の旦那衆の遊びだったという説も。また、大阪近郊の村で人が集まって巻寿司を食べる際に、切り分ける手間を省いたのが発祥とする説もある。


   いずれにしろ、大正初期には大阪の花街で、節分の頃に漬けあがる新香巻を使った海苔巻きを恵方に向かって食べる風習があり、昭和に入ると、これに目をつけた寿司や海苔の組合が「節分の丸かぶり寿司」として販売促進活動を展開。


   戦争でいったんは廃れたが、1960年代後半には海苔問屋協同組合とすし組合が連携し、宣伝のために飛行機をチャーターしてビラを撒いたほどだ。1970年代には石油ショックによる需要低迷から立ち直ろうと、道頓堀で早食い競争も行なわれた。


   これがマスコミの注目を集め、さらには1月後半から2月初旬は売上が落ちるスーパーマーケットの事情も手伝って、丸かぶり寿司はその後、スーパーやコンビニでの販売促進が進み、徐々に知名度が広まっていったという。


   節分の主役である「豆」がシンプルすぎて手を加えにくいのに対し、巻き寿司ならアレンジは自由だ。

 

   従来はかんぴょうやキュウリ、卵など七福神に因んで7種類の具材を巻いていたが、今ではカニやマグロ、牛肉と多彩になり、「一本全部は食べられない」という女性のために「ハーフサイズ」も普及。近年は「形が似ている」ことから「恵方ロールケーキ」まで登場した。……大阪の商魂たくましさに加え、この”何でもあり”なところが恵方巻が全国区になった理由かもしれない。


   ちなみに、今年の恵方は東北東。さて、あなたはどんな恵方巻を食べますか?

 

恵方巻

 あなたにオススメの記事

メニュー