防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

ソチ五輪目前「金のカレイ」が鳥羽水族館に出現

鳥羽水族館に登場した「黄金色のイシガレイ」(鳥羽水族館HPより引用)

 ソチ五輪開幕まであと4日、三重県の鳥羽水族館には「金のイシガレイ」が登場して、「縁起がよい」と評判になっている。

 

 これは1月21日に、三重県鳥羽市の漁師 清水政喜さんが鳥羽湾での底引き網で捕獲したもので、翌日、水族館へ持ち込んだ。

 

 イシガレイは生息環境に合わせて体色を変化させるため、通常は土色や灰色をしているが、このイシガレイは鮮やかな黄金色。

 

 黄金色になった理由は不明だが、何らかの理由で体色を黒くするメラニン色素が抜け落ち、黄色が強く現れる「黄化個体」だと考えられるとのこと。

 

 体長47センチ、体重700グラムのこの「金のイシガレイ」、ソチ五輪目前に、捕獲した清水さんは、「運気が上がりそうな色もしているので多くの人に見てもらえば」と、そして訪れた来館者からも「縁起がよい」と評判は上々のよう。

 あなたにオススメの記事

メニュー