防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

東京に大雪警報 関東甲信で50センチの積雪

 気象庁は8日、大雪による重大な災害のおそれがあるとして、東京都と静岡県、山梨県、長野県に対し、大雪警報を発令した。関東甲信地方では多いところで50センチの積雪の見込みとなっている。

 

 気象庁によると、8日は四国沖の低気圧が急速に発達しながら本州の南を北東へ進み、9日には三陸沖を北上する見込み。そのため現在、広い範囲で雪が降っており、西日本では8日、東日本と東北地方では8日から9日にかけて、山地を中心に平野部でも大雪となる。

 

 特に、低気圧が接近する関東甲信地方と東北太平洋側の平野部では降雪量が多くなり、9日午前6時までの24時間に予想される降雪量は関東甲信地方の多いところで50センチ。8日午前10時41分現在、東京都と静岡県、山梨県、長野県に対し大雪警報が発令されている。

 

 また、中国・近畿・東海・東北地方でも40センチの積雪が見込まれており、気象庁では、大雪による交通障害に警戒し、路面凍結や電線・樹木への着雪にも注意するよう呼びかけている。

 

 さらに、東北地方・東日本の太平洋側では海上を中心に風が強まり、特に関東地方では陸上でも非常に強い風が吹くおそれがあり、暴風や吹雪による交通障害や強風、高波にも警戒するよう呼びかけている。

 

 9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は以下の通り。

 

関東甲信地方 陸上25メートル(35メートル) 海上30メートル(45メートル)
東海地方 陸上18メートル(30メートル) 海上25メートル(35メートル)
東北地方 陸上15メートル(30メートル) 海上25メートル(35メートル)
近畿地方 陸上15メートル(30メートル) 海上20メートル(30メートル)

 

 予想される波の高さは関東・東北地方で8メートル、東海地方で6メートル、近畿地方で5メートルとなっている。

 

■大雪の最新情報は気象情報マップでごらんいただけます

 あなたにオススメの記事

メニュー