防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一原発3号機プールにがれき落下 東京電力

 東日本大震災からの復旧に努める東京電力は8日、福島第一原発3号機の燃料プールに、撤去作業中だったがれきを誤って落下させたと発表した。

 

 作業を行なっていたのは6日の午後1時頃。3号機の燃料プール上部に残る鉄骨トラスがれきを2台のフォークリフトで移動していたところ、がれきは2つに破断、そのまま落下した。

 

 プールには566本の使用済み・新燃料が保管されているが、同社ががれきを落下させるのは、昨年9月22日に続いて二度目のこと。周辺の放射線量に特段の変化はなく、今後、水中カメラで内部を調査するという。

 あなたにオススメの記事

メニュー