防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

佐村河内さん未明の謝罪文「3年前から耳も少し回復」

 作品を代作させていたことが発覚した作曲家の佐村河内守さん(50)は、12日未明、代理人弁護士を通じて報道機関に、自身の嘘について詫びるとともに「実は最近になって、前よりは少し耳が聞こえる」ことを告白した「謝罪文」をファックスした。

 

 「被ばく2世で全ろうの作曲家」として知られる佐村河内さんだが、代作した新垣隆さんが記者会見で「今まで特に聞こえないということを感じたことは一度もない」と発言したことから、作品だけでなく「全ろう」ということも嘘だったのではないかと取り沙汰されていた。

 

 このことについて謝罪文では、「耳が聞こえなくなって手話サークルに参加して、それから聴覚障害2級で手帳をもっていることはまちがいありません」と「全ろう偽装疑惑」を否定する一方で、「三年前くらいから、耳元で、はっきり、ゆっくりしゃべってもらうと、こもってゆがむ感じはありますが言葉が聞き取れる時もあるまでに回復していました」と最近になって聴力が回復していることを告白。

 

 「弁護士さんにも本当のことが言えなくて、決断するのに時間がかかってしまったのです」としている。

 

 また謝罪文では、代作や経歴の詐称などについて、「新垣さんとの関係については、新垣さんが話しておられるとおりです。他にも、私の音楽経歴についても、大体新垣さんが話されたとおりです」などと事実関係を認め、「私の要求に18年もの間応じて来たことから、人生が狂ってしまった新垣さんに対しても、お詫びしたいと思います」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー