防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

防災歳時記2月17日 氷点下41.2℃を記録「天使のささやき記念日」

   2月17日は「天使のささやき記念日」だ。


   と聞いて、すぐに何の日かわかっただろうか。


   「天使のささやき」とは、大気中の水蒸気が凍ってできた氷の結晶が降る「ダイヤモンドダスト」のこと。氷の粒に光があたり、キラキラと輝いて見えることから名付けられ、氷点下10℃以下で風が弱く、湿度が高いなどの条件下で観測できる現象だ。

   それを「天使のささやき」とは、何ともロマンチックだが、この記念日を1994年に制定したのは北海道幌加内町(ほろかないちょう)の若者を中心とするグループ。今から36年前の今日、幌加内町母子里(もしり)の北海道大学演習林で、氷点下41.2℃という最低気温を記録したことに由来する。


   気象庁の観測地点ではなかったため、公式の国内最低気温は旭川市で1902年1月25日に記録した氷点下41.0℃だ。


   しかし、非公式とは言え「日本一寒い」を町おこしに活用しない手はない、と目をつけた人がいたのだろう。幌加内町では1987年に「天使のささやきを聴く会」が発足。本来マイナスであるはずの寒さを逆手に取って、「日本一の厳冬を体験しよう」とダイヤモンドダストの観測会などのイベントを始めたのである。


   この集いは今も続いており、日本最寒記録はそば畑の面積日本一、国内最大の人造湖「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」とあわせ、幌加内町の誇る「三大日本一」としてホームページにも掲載されている。

最寒気温を記念して作られたモニュメント。氷柱をイメージしている(「天使のささやきを聴く集い」ブログより)

   ささやくような微かな音をたて、輝きながら空から降り注ぐダイヤモンドダスト……。ぜひ見てみたい、と思う方も少なくないのではないだろうか。


   ただ、国内でダイヤモンドダストが一般的に観察できる北海道内陸部は、いわずと知れた厳寒の地。幌加内町も、10月には初雪が降り、4月頃まで2〜3メートルの積雪に覆われる。氷点下30℃以下になることも珍しくない。


   この冬は2月に入り、東京都心で20年ぶりに積雪20センチを超え、各地で「ホワイトバレンタイン」になるなど、白銀の世界を楽しんだ人も多いだろう。一方で、交通ダイヤは大きく乱れ、落雪や転倒によるケガ人も相次ぎ、美しいだけではない雪も痛感したはずだ。


   長く厳しい冬に耐え、そのつかの間に降り注ぐダイヤモンドダスト。それは天使からのちょっとしたプレゼントなのかもしれない。

 あなたにオススメの記事

メニュー