防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

南極観測船「しらせ」座礁 3回めの離脱も成功せず

南極観測船「しらせ」(文部科学省HPより引用)

 南極から日本へ帰還する途中だった南極観測船「しらせ」は16日午後、南極沖で座礁。これまでに2回脱出を試みているが、暗礁からの離脱には成功していない。

 

 しらせが座礁しているのは昭和基地の東にあるマラジョージナヤ基地の700メートル沖合。

 

 しらせは17日午前1時(日本時間)と17日午後1時(日本時間)の満潮時に、排水しながら暗礁から離脱を試みたが失敗。その後、今日(18日)午前1時に、積んである燃料や物資を船体後部に移動させて乗り上げている部分を軽くした上で、再度、離脱を試みたがこれも成功しなかった。

 

 乗組員にケガはなく、食料も十分にあるとのことで、次の満潮となる今日(18日)午後1時ごろに再度離脱を試みる予定。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー