防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

あす(19日)からの雪は「ほぼなし」 気象庁予報

 気象庁は18日発表の予報で、太平洋沿岸各地で懸念されていた、あす(19日)からあさって(20日)にかけての雪は、低気圧が日本列島と離れるコースを取ったことにより、ほぼないとの見通しを示した。

 

 同予報によれば、あす(19日)は、関東甲信地方は高気圧に覆われ、晴れるところが多い見込みだが、日本の南に前線が停滞するため伊豆諸島では雲が広がりやすい、としている。

 

 あさって(20日)も全国的に雲が広がるものの、太平洋側の大雪は避けられそう。

 あなたにオススメの記事

メニュー