防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

「なでしこグループ」に注意!未公開株詐欺事件が多発

「株式会社なでしこグループ」の説明資料の一部(消費者庁HPより引用)

 消費者庁は18日、巧妙な手口の未公開株詐欺事件に関する相談が、昨年8月から寄せられているとして、「株式会社なでしこグループ」を名乗る勧誘に応じないよう注意喚起を発表した。

 

 この詐欺事件の手口は、ある日「青い封筒が届いていませんか?届いたら連絡をください」との電話が入る。

 

 と、その日のうちに青い封筒が届き、中を開けてみると「釧路ケーブルテレビ」(実在の企業)が近く上場するとして、「株式会社なでしこグループ」が釧路ケーブルテレビの未公開株式を販売するとしたパンフレットが入っている。

 

 翌日、ふたたび電話が入り、「必ず儲かるので当社が買いたいがパンフレットが届いた人しか購入できない。金はこちらで準備するから申込んでくれないか?20万円の謝礼を出す」などと言って、株式購入の申し込みをさせる。(実際の事例では10株1000万円)

 

 電話をしてきた人間に、株式代金の振込先を伝えると、その日のうちに1000万円を振込んだと連絡が入る。

 

 後日、振込先の銀行の監査室を名乗る男から電話が入り、「名義貸しは犯罪。警察が介入するので口座を凍結する」と言われる。

 

 さらに、その翌日、今度は「なでしこグループ」から「口座が凍結されたのはあなたの責任。凍結が解除されるまで株式代金を肩代わりしてほしい。口座が凍結されているので家の近くの駅まで代金を取りに行く」と言われ、現金を渡すというもの。

 

 釧路ケーブルテレビは実在の無関係の企業だが、当然ながら近々上場の予定はない。

 

 消費者庁では「なでしこグループ」(東京都品川区東品川)以外にも「釧路ケーブルテレビの未公開株」を販売する事業者として、「ビジネスゲート株式会社」(東京都品川区東品川)、「株式会社ひまわりネット」(東京都港区六本木)、「オリエンタル株式会社」(東京都新宿区西新宿)の3事業者の情報を入手しているが、いずれの事業者も、表示された所在地に存在はしていない。

 

 同庁では、消費者に対し、未公開株の代理申し込みを依頼されても応じないよう呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー